自転車の乗り方

自転車にのれない!

自転車を外で乗りたい。そう思っていませんか?たぶん、いままで自転車に乗った事がないのではないでしょうか? あるいは、一度の乗ろうとしたけどあきらめたのではないでしょうか。

この講座では、出来る限り快適に健やかに自転車に乗れるように解説します。

まず、自転車を準備してください。もし一番最初に乗るのであれば、シートを下ろして足が地に着くようにしましょう。 それからタイヤの空気圧はどうですか?これもチェックしましょう。

乗るための基礎をチェックしましょう。

1.前ブレーキのほうがとまりやすいのですが、出来るだけ、後ろのブレーキを使うようにしましょう。 スピードの乗った状態での前ブレーキは転倒しやすいのです。
2.自転車はのろのろ運転ですとバランスを崩しやすいのりものです。スピードが出ていたほうがバランスをとりやすいのです。
3.また、ヘルメットはつけて置いたほうが良いでしょう。
4.歩道での練習は危険です。広場、河川敷など出来るだけ広いスペースで実施しましょう。


バランスを体で覚える

自転車に乗り、足で地面を蹴って前に進みます。そのときに自転車がどう傾くか、ハンドルの操作が どのようになるかを体で覚えます。じょじょに慣れてきて、自転車の動きの感覚がつかめてくるまで やります。30分以上は必要ではないでしょうか。次に自転車に乗ったまま、足で地面を蹴って、 今度は足を中に浮かせます。そうすると自転車が傾いたりカーブしたタイミングであなたの体と ハンドル操作によってバランスをとろうとするようになります。

ステップ2へ →ステップ2


番外:盗難について

自転車でも保険が存在します。万一盗難された際の保険です。 自転車 保険にて検索すると良いでしょう。また自転車以外の他の乗り物といった視点で見てみます。 バイクを検討されている場合は バイク盗難保険比較サイトが有名どころでしょうか。 ご参考まで。いずれにしても乗り物の保険は入るに越した事がないでしょう。 自動車についてはどうでしょうか。自動車については保険が多数あるようです。 中でもアクサダイレクトが有名です。

ステップ3
その他